『画像診断学を適確に行い、麻酔管理へと活かす』

登壇者 佐野洋樹・栗原学

イベント主催者
一般社団法人LIVES
イベント管理者
行広 将人
終了しました
開催日時
2018年11月14日(水) 20:30 - 23:00
Google カレンダーに追加
チケット
参加費用
 ¥10,000
先着順
40名
詳細

自然王国ニュージーランドから日本人獣医師が語る!

「最難関・間質パターンを見極める」 栗原学(マッセイ大学画像診断専科研究員) ~意外と簡単?間質パターンの考え方 間質パターン→肺胞パターン 間質パターン→間質パターン

「動物の呼吸管理を極める」 佐野洋樹(米国獣医麻酔・疼痛管理学専門医)”呼吸管理の考え方””人口呼吸の適応症例とは?””人工呼吸の使い方一つで予後が変わる!”

セミナー内容

今回は佐野洋樹先生(米国獣医麻酔・疼痛管理学専門医)と栗原学先生(マッセイ大学画像診断専科研究員)が帰国された貴重な時間を頂戴し2人の先生方がそれぞれの視点から解説、そしてセッションを行う講演を開催致します。

登壇

  • 佐野洋樹(米国獣医麻酔・疼痛管理学専門医)
  • 栗原学  (マッセイ大学画像診断専科研究員)

ご聴講いただく方々からのご質問も講演中にお受けする予定です。
貴重な機会となるかと思います、お時間ございましたら是非ご聴講ください。

参加費

事前申込8,000円 当日10,000円
途中入退室可

定員

45名

問い合わせ先/申込先

一般社団法人LIVES
E-mail:contact@lives.or.jp
Fax:027-202-0218