リハビリ科|ベーシックシリーズレクチャー|動物のリハビリテーション(全4回)
リハビリ科|ベーシックシリーズレクチャー|動物のリハビリテーション(全4回)
第3回 よく遭遇する患者Part1 椎間板ヘルニア


2019年1月22日(火) 20:30 - 22:30


チケット
獣医師
先着順
10名
6,480円

動物看護師
先着順
10名
3,240円

本イベントは終了しました
PR
Vandp
詳細

◎内容

全4回
第1回:リハビリとは?言葉の説明・病院スタッフの役割・安静/不動化など ・フォーマット化!
第2回:理学療法の種類、入院中にすべきこと
第3回:よく遭遇する患者Part1 椎間板ヘルニア
第4回:よく遭遇する患者Part2 FHO、高齢犬に対するリハビリなど

◎紹介

第3回
「よく遭遇する患者Part1 椎間板ヘルニア」

リハビリテーション科で最も多く、長期にわたるサポートが必要なのはやはり椎間板ヘルニアです。
発症エリアにより症状も改善のしかたも違います。
特に患者数の多い胸腰部椎間板ヘルニアグレード5では、手術後先の見えないトンネルに迷い込んでしまうような印象があると思います。
脊髄損傷である椎間板ヘルニアは長期間の理学療法の介入が必要です。
今まで考えていたより回復には時間を要します。
今まで説明していたように術後数ヶ月の神経検査ではまだ結果はわかりません。
神経機能が戻っても体はうまく使えません。
今回は椎間板ヘルニアのみに集中し、解説を行います。

◎対象

獣医師・動物看護師

◎講師:

長坂 佳世 先生 
●現所属
犬と猫のリハビリテーション専門病院 D&C Physical Therapy 院長
http://animalreha.jp
●経歴
1999年
 麻布大学卒業
2006年
 CHI Institute(フロリダ州)にて鍼治療認定資格(CVA)
 マッサージ療法認定資格(CVT)取得
2008年
 ゼファー動物病院にて一般診療、リハビリテーション診療を担当
2011年
 テネシー大学公認、リハビリテーション認定資格(CCRP) 取得
 ゼファー動物病院にてリハビリテーション専門診療
2013年
 D&C Physical Therapy 開院