【日本小動物整形外科協会認定プログラム】第二期獣医師向けベーシックプログラム
【日本小動物整形外科協会認定プログラム】第二期獣医師向けベーシックプログラム
〜整形外科の知識・スキルを包括的に学ぶプログラム〜


2019年9月27日(金) 10:00 - 2020年6月12日(金) 12:00

日本小動物整形外科協会(VOA Japan)

チケット
このイベントは告知のみです。申込み方法は詳細をご確認ください。
PR
Vandp
詳細



日本小動物整形外科協会では小動物整形外科に関する技術・知識レベル向上のため、各種獣医師向けセミナーを開催しております。実際の現場では手術の質、スピードの観点から複数名の獣医師の知識・技術レベル向上が求められています。

本プログラムは座学セミナー6回、実習セミナー2回の全8回のセミナーにより構成されており、整形外科に関する知識を体系的に学んでいただけます。セミナー内容は動画配信を行っているため、場所を選ばず学ぶことが可能です。全セミナー終了後には検定試験を実施します。所定の成績を収めた方は本協会の認定獣医師として登録し、プログラム終了後に開催予定の特別セミナーへのご参加権利を付与いたします。

獣医師の医療レベルの向上にご活用ください。



プログラム概要


プログラム名称:第二期認定獣医師プログラム(ベーシック)
実施内容:全8回の獣医師向けトレーニングセミナー。
   6回の座学セミナー、2回の実習セミナーを実施。
   各セミナーに対応する動画の配信を行います。最終セミナー後、検定試験を実施します。
会場 :ONE for Animals千葉どうぶつ整形外科センター
   千葉県習志野市茜浜1-5-11(新習志野駅から徒歩約15分)
講師:小林 聡獣医師(ONE千葉どうぶつ整形外科センター院長)
   ONE for Animalsグループで、年間3000件ほどの整形外科・神経外科疾患の診療・治療を行なっている。

その他:セミナーは会場へお越しにならず、動画配信にて勉強していただくことも可能ですが、できるだけお越しください。



日時・内容


●第1回:2019年9月27日(金)10:00~12:00
「視診・触診からの整形外科疾患へのアプローチ 〜前肢編〜」
・視診
・触診


●第2回:2019年11月29日(金)10:00~12:00

「整形外科実習」
・概論・手術適用・手術手技
・Colibriの使用方法・ピンニング
・ピンニングの練習、大腿骨遠位成長板骨折
・サジタルソーの使用法、大腿骨頭-骨頸部の骨切り術
・ピン・テンションバンドワイヤー法
・ピン・テンションバンドワイヤー法、脛骨粗面転移術


●第3回:2020年1月10日(金)10:00~12:00
「視診・触診からの整形外科疾患へのアプローチ〜後肢編〜」
・視診
・触診


●第4回:2020年3月13日(金)10:00~12:00
「理学療法 ~術後早期の機能回復を目指すために~」
・理学療法とは
・具体的な理学療法
・姿勢保持・動作時の重心とバランス
・術後早期から行うリハビリテーション
・経過観察と効果判定とは
・姿勢観察・動作分析の重要性


●第5回:2020年6月12日(金)10:00~12:00
「前十字靭帯損傷」
・解剖:前十字靭帯とは
・疫学:なぜ損傷するのか
・診断:視診、触診、X線画像診断
・完全断裂と部分断裂
・半月板
・治療


●第6回~第8回の日程は未定
第6回:「股関節疾患と大腿骨頭切除関節形成術」
第7回:「椎間板ヘルニア」
第8回: 未定

※第8回セミナー後、検定試験を実施予定です。
※日時やセミナー内容は一部変更になる可能性があります。予めご了承ください。


■詳細について
■お申し込みフォーム


日本小動物整形外科協会では「よりよい整形外科をすべての動物へ」をテーマに、整形外科に関する各種セミナーを開催しています。会員にはメールにて各種情報をご案内いたしますので、ご興味ございましたら登録をお願いします。
現在、日本全国の210を超える動物病院会員が在籍しています。

■会員登録(無料)について
■日本小動物整形外科協会について

VOAのロゴ